学習塾 ソアラ: 八王子 恩方地区(西寺方、上恩方、下恩方、小津町、川町)にある少人数個別指導学習塾
トップページ > 教材アーカイブス > 物理 > 問題 > 力学 > 時間 > 001 > 解答例

解答例  

ここでは定番の解答を出しておく。 「振り子の等時性」を用いる。

長さ $1\mathrm{m}$ のヒモにオモリをくくりつける。 この振り子を振ってみれば、1周に約2秒かかる、ことがわかる。 このことを利用すれば良い。

実際、周期 $T$、ヒモの長さ $L = 1\mathrm{m}$、重力加速度 $g = 9.8\mathrm{m}/\mathrm{s}^2$ とすると、

$$ T = 2\pi\sqrt{\frac{L}{g}} $$

から $T \simeq 2 \mathrm{sec}$ がでる。



Last-modified: 2016-09-21 (水) 14:15:03 (1830d)