学習塾 ソアラ: 八王子 恩方地区(西寺方、上恩方、下恩方、小津町、川町)にある少人数個別指導学習塾
トップページ > 教材アーカイブス > 化学 > 問題 > 測定・操作 > 008

問題  

器に水を入れる。 このとき水面は器と接する縁のところで盛り上がっていることが観察できる。 このような水面の湾曲をメニスカスと呼ぶ。

メスシリンダなどで水溶液の量を測るとき、メニスカス中央の凹みの位置で目盛を読む。

  • なぜここで読むのだろうか

他に次の問いに答えよ。

  • どの液体でもメニスカスは観察できるか?
  • 水とは逆に液面中央の方が盛り上がるメニスカスはあり得るか

Tag: 教材 化学 問題 単位 測定 操作 中学 高校


Last-modified: 2017-03-16 (木) 18:16:16 (1657d)